本文へスキップ

いつまでも駄菓子を卒業できない名古屋市に住んでいる人々。

『名古屋の大人は駄菓子好き』は、みんなの想い出がいっぱいの駄菓子について 詳しくない人にもわかりやすく、 大人がいつまでも駄菓子を食べ続ける理由、どんな種類のものが製造されてきたのか、 といった駄菓子に関するあらゆる情報を紹介します。

名古屋の人は駄菓子好き

子供の頃には皆さんも駄菓子を食べて育ってきたでしょうが、大人になっても駄菓子 を食べ続けるのが愛知県の名古屋人です。 名古屋市の西区にある問屋街には毎日のように駄菓子を求める人々が集まり、 業務用でもないのに個人で大人買いをしている光景が日常茶飯事となっています。 その中には名古屋市民だけでなく、豊田市から買い付けにきた人や岡崎市から名鉄 に乗ってやってきた人、春日井市から自転車を漕いで汗だくになりながらも駄菓子を 探しにきた人の姿も見受けられます。


駄菓子の活用法

食べることが楽しくなってしまいいつも食べ過ぎてしまう駄菓子ですが、愛知県民 以外でもそれは無理からぬことかもしれません。 名古屋の問屋街で売っている駄菓子以外にも全国各地の駄菓子屋やファミリーマートや ローソンやサークルケーやセブンイレブンでも売っている駄菓子は、ただ食べるだけ でなく遊びながら食べられるのも子供がとりつかれる理由になるでしょう。 魔女のテレビコマーシャルで有名な練って食べるものもありますし、ただ白米を 食べるよりも楽しく遊びながら食べられる駄菓子は、子供に人気が出るのも当然です。


駄菓子の種類

全国各地で販売されている駄菓子は物凄く種類が多く、眺めているだけでうっとりと 幸せな気分に浸れ、部屋中に散りばめて囲まれればもう至福の一言です。 お婆ちゃんが一人でやっているような昔ながらの駄菓子屋では全ての商品を取り 扱えないほどの種類が今でも市販されているので、おそらく800〜1000種類 以上あるのではないでしょうか。 ここでもすべてを紹介することはできませんが、どんな種類の駄菓子があるのか、 名古屋市の問屋街で購入できるものから静岡県のサービスエリアで販売しているもの、 浅草の駄菓子屋で少年が買えるものなどのおおまかな種類を紹介します。


安い駄菓子

メジャーな駄菓子以外にも名古屋市の問屋街や茨城県の駄菓子屋にはたくさんの 種類の駄菓子が売っています。 駄菓子がここまで人気なのは、1つ1つが安いので少しのお金でたくさんの種類 を味わえることでしょう。 物価の高いといわれる東京都でも50円以内で買えるものが主流ですし、安いものは 10円で探せばいくらでもあります。 ここでも引き続きまだまだ安い駄菓子を紹介していこうと思います。


バナースペース

女性専用シェアハウス「トゥモローハウス」で始める刺激的で楽しい生活。
http://www.tomorrow-house.com/
名古屋市天白区元植田2-1610-1F
名古屋市営地下鉄鶴舞線『植田駅』より徒歩5分